【インタビュー】男性の育児休暇取得してみて

育休を当たり前に

「働き方改革」が進められている中で、男性の育休取得は注目されている話題かと思います。
しかしながら実際に取得している人はまだまだ少ないのが現状です。
エコーステーショングループでは女性はもちろん、男性社員も育児休暇を積極的に取得することを推奨しています。

今回、関連会社小江戸の社員が育児休暇を取得しましたのでインタビューを行いました。



INTERVIEW


-取得したきっかけってありますか?

子供が生まれたばかりの期間は子供にとっても、親にとっても大切な時期で、夫婦二人で協力し合って子育てに専念したいと考え、今回取得することに決めました。

-男性では初めての取得とのことで周りの反応はいかがでしたか?

育児休暇を取得しづらいという雰囲気は全くなく、むしろ子供が生まれたことを一緒に喜んでくれ、育児休暇取得を勧めてくれました。
「休みの間仕事は任せてください!」と同僚や上司からも言われ快く送り出してくれました。
会社や周りの人の協力もあり、気兼ねなく休暇を取得することができました。

-休んでいる間の仕事はどうされたのですか?

基本的には仕事は同僚や上司に全て任せて育児に専念していました。
職場からチャットなどが送られてきますが、業務に関することで私が早急に対応しなければならないことはなく、毎日育児や家のことする時間を十分にとれました。



 

-実際に育休を取ってみて大変だったことなどはありますか?

仕事面では基本的には同僚に全て業務を任すことができたので特に苦労したことはありませんでした。
育児に関しては毎日子供の世話で忙しく、夜泣きなどで寝不足気味になっていました。

-育児休業を通してなにか印象に残っていることはありますか?

子育てを経験し、母の偉大さといいますか、世の中の子育てしている女性は本当に強くたくましいなと感じました。

-仕事に復帰して環境や精神面で何か変わったことはありますか?

育児休暇を取得する前と後では仕事や生活に対するモチベーションがとても向上しました。
育児の大変さを知り、家族に対する愛情も深まり、一人の大人としてより一層責任感を感じるようになりました。

-育休を取得して良かったですか?

一生に一度しかない大切な時間を子供と妻とゆっくり過ごすことができてとても満足しています。サポートしてくれた会社の方々には非常に感謝しています。

-育休を取りたいと思ってる方へメッセージをお願いします。

今回自分が育休を取ることができたので、今後取得を検討している方には是非積極的に取得してほしいと思いますし、そのために気軽に取得しやすい職場の雰囲気つくりもしていきたいと思います。




SDGsなどの推進でそれぞれの個人の多様性を受け入れい持続可能な働き方を実現するため、エコーステーショングループで男性女性問わず育児休暇の取得を推奨しています。

会社として社員が長くやりがいを感じられるよう働きやすい環境作りを整えていきたいと考えています。