【CHE TIMES Vol.6】継続は力なり〜運動するメリットとコツ〜

こんにちは。
健康教養推進委員会より健康と教養に関するコラムをお届けします。
今回はNaoさんより「運動するメリットとコツ」についてお話ししてもらいました。




私はスポーツを継続的に行っています。

・週5日の10kmランニング

・休みの日は登山をしたり、ロードバイクでサイクリング

・スノーボードもしていました

一般的な感覚からしても、多い方だと思います。スポーツがただ好きなだけではありません。毎日続けるスポーツにはすさまじいメリットがあるのです。毎日行っているランニングを例にしてその魅力を紹介していきます。このコラムを読んでスポーツを始めるきっかけになって頂けたら幸いです。


【メリット3選】

①好きな食べ物を気にせず食べられる、太りにくく痩せやすい体質になる

スポーツすることにより基礎代謝がアップして、基本的には太りづらくなります。好きなものをたくさん食べます。ダイエットなど必要ありません。常にスタイリッシュな体型は維持されます。

②運動しながら勉強できる

昨今、ワイヤレスイヤホンの普及により、音声コンテンツが充実しています。スポーツしながら、イヤホンで情報収集や音声学習を行うことができます。非常に効率的です。スポーツに適したイヤホンは外の音を遮音しない設計になっており、安全面もばっちりです。

体力がつき、免疫力アップで風邪など引きづらくなる

基礎代謝の向上、筋力アップによって免疫力も向上します。風邪をひきにくくなったり、体力も向上し疲れにくくなります。

とまあ、メリットが多いのですが、実際なかなかスポーツを始めて継続することができないですよね。そこで、週5日のランニングを3年以上行っている私が、継続のコツをご紹介します。



【継続のコツ1選】

習慣化しよう←超重要!

継続のコツはズバリ、習慣化できるかどうかです。これに尽きます。

「何かを意思決定する」という行為は、脳にとってエネルギーを消費する行為です。
「脳は無駄なエネルギー消費は回避し、節約しようとする性質がある」ため、毎日繰り返し行われる行動はパターン化し、無意識に行うようになります。
つまり、最初の数か月頑張れば、勝手に習慣化されるため継続することができます。

最初の数か月が勝負です。
スポーツが習慣化されたら、逆に言えば「途中でやめる」ことも難しくなります。
私は「朝シャワーを浴びる前に必ず走る」という習慣を生活に組み込んでいます。
習慣化されたら、目標設定するとより続けやすくなります。
私は毎月200km年間2400kmを目標設定しています。

立てた目標を達成しなければという気持ちになります。

【終わりに】

生活にスポーツを組み込んでからは、間違いなく幸福度が上がりました。
メリットが大きく、「人生変わった」と言い切れます。

このコラムを読んで、スポーツを始めて下さるきっかけになれたら幸いです。
今後の目標はおじいさんになってもランニングを続けていることです。お読みいただきありがとうございました。