デザイン4大原則

みなさんこんにちは。

今回は健康教養推進委員会より「デザイン」についてのコラムをお届けします。
ワードの文書作成、エクセルの表、パワーポイントのスライド資料、SNSの投稿画像など普段の業務で作成しているものは全て「デザイン」の概念が存在します。

いつも作っている資料が整っていたり、ちょっとセンスの良いものだと見た時に理解も早まりますよね。
しかしデザインは「センスの良い人」だけが作れるもの。という印象を持つ人もいます。
その側面ももちろんありますが、デザイナーは全てを感性のままに自由に作っているわけではありません。実はセンスに自信が無い人でもこれさえ守れば十分まとまった見やすいデザインが作れるといったテクニックが存在します。

今回はデザイナーの人以外でも日頃の資料作りなどに役立つデザインの4大原則を紹介します。

①近接【関係する要素をグループ化する】

近接とは、「関係する要素を近づけてまとめること」です。

人は距離の近い集まりを「関係のあるもの」だと認識する習性があります。関連しているはずの要素が意図なく配置されていては、違和感を感じ瞬時に意味を理解できません。つまり、似ている要素同士を近づけてグループ化することで、直感的に情報の関連性を理解することができます。

近接で重要なのは「異なる要素と空白を取ること」です。関係するものを近づけて、関連しないものとの間に余白を取ります。



②整列【見えない線で繋げる

整列とは、「デザイン要素を見えない線で繋げてレイアウトすること」です。要素がランダムにバラバラに配置されていると、全体的にごちゃごちゃして見えます。そのため情報を整理して揃えなくてはいけません。

テキストの色・大きさ・フォント・位置などを揃えることで、すっきりと整理することができます。

コツは、「見えない線で繋げること」です。テキストは「右寄せ」「中央揃え」「左寄せ」なども意識して、整理して配置することを意識しましょう。

③強弱【はっきりと差をつける】

強弱は、「異なる要素はっきりと差をつけること」です。

異なる要素に差をつけて、違う情報だとはっきり分かるようにすることが大切です。また、強弱を上手くつけるとデザインにメリハリが出て、人の目を惹きつけるという効果もあります。例えば、見出しは大きく強調し目を引くようなフォントや色にする、本文は小さくし読みやすいベーシックなフォントや目に優しいカラーを使用する、といったような方法で異なる情報に差をつけます。

コツは「思い切って差をつけること」です。中途半端な強弱だと、はっきり伝えることができない上、結局まとまりがなくなります。はっきりと違う色、大きさなど使い分けると強弱が上手く表現できます。

④反復【デザイン要素上の特徴を繰り返す】

反復は、「特徴を繰り返すことで統一感を生むこと」です。

一つのデザインの中で、同じ要素を繰り返して使ってみると一貫性が生まれます。例えば、色・フォント・レイアウト・ライン・装飾などがあります。社内のプレゼン資料など、レイアウトやカラーはど全体のテイストは統一したほうがまとまりが生まれます。同じ資料内で急にレイアウトもカラーも変えてしまうと違和感を感じて内容の理解に時間がかかります。

このように簡単な基本ルールを守るだけでもデザインとしてまとまりが生まれますので是非日頃の資料作りに役立ててみてください。

他の記事へ

健康教養推進委員会

野球というスポーツから得られた教養

こんにちは。健康教養推進委員会より健康と教養に関するコラムをお届けします。今回はFukoさんより「野球というスポーツから得られた教養」についてお話ししてもらいま