能力開発推進委員会2024始動!「資格取得のすゝめ」

皆様こんにちは!

能力開発推進委員会です。

今年も皆様が自分自身のスキルを高めていけるよう、資格取得へのサポートのほか日々の仕事の取り組み方や私生活の過ごし方など「自分にとって、会社にとって、社会にとってプラスになる取り組み」をご紹介していきたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します!

さて、資格を取るとは言っても「費用も時間もかかるし、取得するメリットってあるの?」「資格を取らなくても独学の知識や経験があるから必要ないのでは?」・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は資格取得することで得られるチャンスやメリットについて、お話していきたいと思います。

  • 考え方や視野を広げる大きなチャンス!

資格取得することの最大のメリットは、自分の考え方や視野が広がること

常に変化する現代社会において、常に新しい考え方や視点を身につけてアップデートしていくことは重要なことです。“学び”の重要性に気づき、仕事だけでなく“自己投資”できる人材こそ、社会で輝ける人材だと思います。


  • キャリアアップに繋がる!

資格とは、“個人の能力をはかる1つの指標”であり、客観的に自身の能力を評価された証明ともいえます。キャリアアップする上で、自分自身の能力を目にみえる形で証明する事は重要な事です。

リーダーシップに関する知識能力の資格(例:ビジネスマネージャー検定、プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格など)もありますので、マネジメントのスキルにより秀でた管理職を目指したいという方は、取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • 自信に繋がる!

資格取得という自己投資を行う事で、「自分はその分野のスキルを持っている」ということが自信になっていきます。

また、計画的に学習を進めることにより日々の生活にもメリハリが生まれ、仕事だけでなくプライベートな時間にも良い影響を与えてくれます。

いかがでしたでしょうか?

資格取得するメリットとは、スキルアップやキャリアアップだけでなく、日々の時間の使い方など自分自身の生活スタイルを変えるきっかけにもなっていきます。

最初からいきなり難易度の高い資格取得を目指すのではなく、無理なく短時間の学習で取得できるような資格からチャレンジしていくと良いかと思います。

また、資格取得にあたり、厚生労働省の「教育訓練給付制度」など、働く方々のキャリア形成を促進する国からの補助金についても様々なものがありますので、ぜひ活用して頂きたいと思います。

今年も始まって早2ヶ月となります。

1年間で計画的に学習をしていけば、資格取得もできて日々の達成感にも繋がっていきます。自分自身の為だけでなく、社会にとってより良い人材となれるよう自分磨きをしていきましょう!

お読みいただき、ありがとうございました。

能力開発推進委員会 1年間の軌跡

能力開発推進委員会1年間の軌跡

こんにちは、能力開発推進委員会です。
今季最後のコラムですので、我々の委員会の活動の軌跡をご紹介できたらと思います。

2022年

12月 -委員会発足・委員長決定-
第一期能力開発推進委員会の発足・委員長決定
結成当初2名からのスタート

2023年


1月  1年間の目標・活動計画の作成-
   コラム “リスキリングについて”
   社内アンケート ”資格取得状況について” 
   ワークショップ実施”1年間の目標について”

2月 コラム
   アンケート ”時間について社員が抱く問題の抽出”
   新メンバー加入。

3月 コラム “福利厚生について”
   資格取得に役立つ福利厚生を会社と提携し確立。

4月 コラム ”ITパスポートと情報セキュリティマネジメントについて”
   ワークショップ ”時間の使い方に関して”
   退勤後、資格取得学習の為のESTの勉強開放制度確立
   新メンバー加入。

5月 コラム ”リスキリング革命を起こすための時間の使い方について”
   アンケート ”現時点での資格取得結果”

6月 コラム ”最強の習慣化のテクニックとは”
   アンケート ”資格について・EST利用状況について”

7月 コラム ”マンダラチャートについて”
   ワークショップ ”マンダラチャートについて”
   出勤前EST勉強開放制度確立。

8月 コラム ”能力開発成功者の声1 -食品衛生責任者編-”

9月 コラム ”能力開発成功者の声2 -クリエティブデザイナー編-”
   アンケート ”資格取得状況について・EST利用状況について”

10月 コラム “能力開発挑戦者の声 -安全確保支援士編-”
   ワークショップ”活動内容についての報告”
   新メンバー加入。

11月 コラム “新メンバーへのインタビュー”

12月 コラム “能力開発委員会の1年間の軌跡”
   アンケート予定 “資格取得状況と課題の抽出”
   ワークショップ ”活動実績報告と1年間の軌跡”

当委員会では、リスキリング対策や社員の人生がより豊かになる様なコミュニティーの基盤を作ることを目的として活動して参りました。

資格の取得は、社会的なステータスになるだけではなく、学びを通して様々な発見をし、挑戦する人の人生を豊かにしてくれるものです。

今季の活動を元に、来年も更なるサポートいたします!
今後もよろしくお願いいたします!
1年間、能力開発推進委員会の活動にご協力くださりありがとうございました!


新メンバーは元航空自衛官!

こんにちは、能力開発推進委員会です。
今回は、「10月に行った委員会の発表」と「新加入のメンバー紹介」です。

●委員会の発表

今年社内のメンバーで、通常業務をおこないながらも勉強し取得した資格を発表させていただきます。
・情報セキュリティマネジメント
・食品衛生管理責任者
・食空間コーディネーター3級
・色彩検定
・回転翼3級(ドローン)
・Google Digital Marketing & E-commerce Professional Certificate
・Google UX Design Professional Certificate

資格取得した皆様おめでとうございます!!

聞きなれない資格もあるかと思いますが、業務時間外に自己学習し自己の能力を上げる。
まさに能力開発そのものですね!

上記資格以外にも、中小企業診断士、情報処理安全確保支援士など、かなり難易度の高い資格取得を挑戦している方々もいらっしゃいますので、今後も頑張っていただきたいです!


●新メンバーのお知らせ

新メンバー:増渕さん
      ▼過去の経歴:航空自衛隊
      ▼委員会に入った要因:自身の能力開発をしたい。
                 前職で似たような分野を経験していた
      ▼目指している資格:心理学系に興味あり
      ▼きっかけ:仕事が原因で少し体調を崩してしまい、
            カウンセリングを受けた経験も

自衛官という立場は国民のために職務を全うする。
仕事自体は誇りだったが、自分の限界を感じてしまったようです・・・

そんな中カウンセラーは、聞き上手で寄り添う話し方で対応してくださり、自身も周りからメンタルケアできるような存在になりたいと志をもっているようです!

能力開発委員会はそんな増渕さんを迎え、更なるレベルアップになります!

社員全員が資格取得でき自分の能力を上げられる。そんな制度設備を能力開発委員会は今後も活動して参ります!

能力開発成功者の声~資格取得に絶賛挑戦中~

こんにちは!能力開発推進委員会です。

前回のコラムでは資格取得に成功した方々についてお話を伺いましたが、
今回は「安全確保支援士」の資格取得に絶賛挑戦中の田中Mからお話を伺いました。

Q資格を取得しようと思われた理由を教えて下さい

「安全確保支援士」は最新のセキュリティに関する知識・技能を備えた、高度かつ実践的人材に関する国家資格です。
現在の業務に活かせるのはもちろんですが、自身のスキルアップにも繋がると考え、取得を目指しています。

Qこちらの資格を取得するために普段はどういった勉強をされていますか?

過去問をメインに取り組み、分からない部分は参考書を使って勉強しています。
定期的に、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)などからリリースされる最新情報を収集するよう心掛けています。

Q資格取得後は、どのように資格を活用する予定ですか?

昨今のIT普及によって生活が豊かになっている反面、不正アクセスによる個人情報流出やサイバー攻撃によるサービス中断などがニュースで取り上げられることが多くなっています。
組織における情報セキュリティ体制が問われている時代ですので、自社はもちろんのこと、
取引頂いているお客様に対してもこの知識が活きてくると考えています

資格取得に挑戦してる方へのアドバイスをお願いします!

資格取得は毎日の積み重ねの結果だと考えています。
合格がゴールではなく、取得した資格をどう活かすのか、どう活かせるのかが重要なのではないでしょうか。
仕事と勉強の両立は大変ですが、資格取得に向けて頑張っていきます!

能力開発推進委員会では皆様が資格取得ができるよう様々な取り組みをしておりますので、
今後とも宜しくお願いします!

能力開発成功者の声~資格取得までの道のり~

こんにちは。
能力開発推進委員会です。

今回は、WEBサイトの企画・運営、グラフィクデザイン、動画制作をされており、Google Digital Marketing & E-commerceとGoogle UX Designの資格を取得している”東チーフデザイナー”にお話を伺いました。

  森下さん

「この2つの資格を取得しようと思われた背景を教えてください。」

   東さん

「Google Digital Marketing & E-commerceはデザインの領域を超えてWEB上でより効果的に認知度拡大やコンバージョンに繋げる施策や手法を学ぶために始めました。
Google UX Designはデザインに関するコースですが、ただかっこよく、オシャレにデザインするだけでなく、ユーザーの目線に立ちより使いやすく、操作性に優れたデザイン技術を身につけるために始めました。」

   森下さん

「資格で得た知識や経験はどのように業務に活かされていますか?」

   東さん

「デジタルマーケティング、UX、それぞれの側面を捉え、一つ一つの企画を俯瞰して見ることができるようになりました。単純にデザインの依頼を請け負う下請け業務ではなく、提案型の仕事にチャレンジできる知識を身につけることができました。」

   森下さん

「最後に、資格取得の際の勉強時間の確保やコツを教えてください!」

   東さん

「2コース合計で約480時間の勉強時間です。講義の受講、レポートの提出、他の受講者とのディスカッション、認定試験といった内容となっています。
この時間を確保できたコツは、ルーティンを作ることです。
曜日や時間帯など自分ルールを決めたらひたすらにそれを守って行動する。一度でも破ると妥協癖がつくので、必ず守るようにしてました。」

   森下さん

「目的を定め、自己分析と管理を徹底して習慣化することで、480時間もの長い学習時間を終え達成できたということですね。
この度はありがとうございました!今後のご活躍を期待しております!」

能力開発推進委員会では、皆様が業務とお客様にもっと価値を提供できる様に今後も支援を行っていきますので、よろしくお願いいたします!

能力開発成功者の声~食品衛生責任者編~

こんにちは。

能力開発推進委員会です。

今回は、弊社の業務とは全く別の分野「食品衛生責任者」を取得した“吉崎店長“に

取得した背景や活用方法についてインタビューをしてきました!

▼山岸:「食品衛生責任者の合格おめでとうございます!先ずは、吉崎店長の普段の業務を教えてください」

▲吉崎店長:「買取小江戸では、お客様から様々な商品の買取を行っております。」

▼山岸:「今回の資格は“買取”とは、全く関連性がないように見えますが、
     取得した理由もしくは背景を教えてください。」

▲吉崎店長:「取得した理由は お客様を増やしたいそれが1番の理由です。 
       川越では様々なお祭りやイベントが開催され、買取小江戸もお祭りの際には出
       店も行っております。そこで食品を販売することでより多くの方に買取小江戸
       を知ってもらい、新しいお客様を増やすことの出来る資格ではないかと思い
       取得いたしました。」

▼山岸:「食品衛生責任者の”資格”を利用してチャレンジしたことを教えてください!」

▲吉崎店長:「この資格は、食品を加工し販売することが出来る資格なので、
       7月に開催された「川越百万灯夏祭り」では出店をおこないました。
       7月29日30日に開催され、ドリンクを販売して大盛況でした!
       他にも様々なイベントを開催して買取でご利用するお客様以外の方にお店の
       ことを知って頂き新規のお客様として取り込んでいきたいと思います。」

▼山岸:「一般業務を行いながらも、資格取得できる両立するコツがあれば、
     ぜひ皆様に向けてアドバイスをお願いいたします!」

▲吉崎店長:「食品衛生責任者の資格は、前もっての勉強は不要です。
       1日講習をしっかり受講すれば取得できる資格で、食に興味がある方は、
       持っていて損はない資格だと思います。ちなみに有効期限や更新手続きが
       ないので取ってしまえば一生モノです!」

▼山岸:「1日講習で取得できるとは知らなかったので皆様も何か資格が欲しいと感じている
     方は、自身の能力開発の第1歩に食品衛生責任者は、最適かもしれませんね!
     この度はありがとうございました!今後もご活躍を期待しております!」

買取小江戸では、川越で開催されるお祭りやイベントに出店を予定しておりますので是非見かけた方は、お立ち寄りください!

大谷翔平選手も実践した!~マンダラチャートについて~

こんにちは。
能力開発推進委員会です。

先日、会社の皆様に大谷翔平選手も実践していたマンダラチャートを作成していただき、
資格取得、または個人とチームの目標達成をサポートするツールの作成テクニックを習得していただきました。

◆マンダラチャートとは
 マンダラチャートとは、株式会社クローバー経営研究所・社長の松村寧雄氏が
 考案したフレームワークの事です。
 マンダラチャートは情報整理や目標設定に優れたツールです。
 主題やテーマとなる目標を中心に置き、関連するカテゴリーや具体的なタスクを
 放射状に結びつけることで、目標達成のための具体的なアクションプランを策定することが  
 できます。

近年は、大谷翔平選手が学生時代から活用していたというエピソードが紹介された事で話題になりました。
大谷翔平選手はマンダラチャートで視覚化する事によって自身の目標や進捗状況を明白にすることが出来たのです。

【マンダラチャートを書くメリット】
 1.バランス思考が得られる。
 2.自分の能力を引き出す。
 3.アイデアが生まれる。
 4.頭の中が整理出来る。

マンダラチャートは、能力開発においても非常に役立つツールです。
個人が自己啓発やスキルアップを目指す際に、マンダラチャートを活用する事で、計画立案や目標達成をサポートする事が出来ます。
ぜひマンダラチャートを試してみて、情報整理と目標達成にお役立ててください。

【参考文献】
・大谷翔平選手も実践したマンダラチャートとは何か?~『マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術』より~ | Promapedia(プロマペディア)     (ssaits.jp)
・マンダラチャートとは?目標を明確にして達成するためのプロセスのご紹介!【図解付き】 | MarkeTRUNK (profuture.co.jp)

人生を変える習慣化のテクニックとは?

歯磨きをする、マスクをつける、寝る前に寝間着に着替える、
皆さん当たり前のようにされてますがこれらは全て習慣化されている行動です。

私達の人生の半分以上は習慣で成り立っており、習慣を操る事ができれば、
挑戦したい事、叶えたい事への努力が当たり前のように行えるようになります。

つまり、習慣つければ自分の人生を思い通りに描くことのできるようになります。
そこで、今回は習慣を身につけるためのテクニックをご紹介いたします!

習慣化に必要な期間​​は、18日〜254日(平均66日)という研究結果があり、「最低でも3週間はかかる」と言われています。
しかし、その行動に対して抱く印象のに善し悪しによって習慣化されるまでの時間は異なり、自分が辛いと感じるものを習慣化させるには最低でも8週間程かかると言われています。


勉強や筋トレなどキツイと感じるものを習慣化するには、どの様にして続けれ習慣化されると思いますか?

習慣化をするのに大切なのは、量より頻度です。
まとめて2時間ハードな行動をするのでなく、毎日20分ずつ、週4回以上行動したほうが習慣化できる確率が跳ね上がるそうです。

時間を確保した後、習慣化のやり方や相場を知って目標を立てる事ができれば、あとは実践するのみです。
2日に1回、20分でも行動する日を8週間程続ける様にするとこれからの人生が思い通りに動かせる能力が身につきます!
ぜひ試してみて下さい。

ご覧いただきありがとうございました!

能力開発委員会では、希望を持って人生を変える事をサポート致します!!


参考文献
【人生楽勝】どんな難しいことでも習慣化できる心理テク
https://www.youtube.com/watch?v=9SmeNIRbRJI